日本は今深刻な労働力不足に悩まされています。少子化が進む現状から考えれば高齢者や外国人労働者を雇用することで現状をギリギリで耐えている現場にとって、今後ますます過酷な現実が待っていると言えるでしょう。そのため、現場単位で効率化を図る必要があるのです。

■「見える化」について

現場仕事の作業効率を高めるためには、WEB技術を導入したインフォメーションパネルの存在は必要不可欠です。

見たい画面を見たい場所で確認することによって現場の情報をリモートで見える化することが出来ます。

しかし、見える化の導入のためにサーバーを新しく新調したり専用ソフトをダウンロードしなければいけない場合、そのための知識が必要になりますし設定も複雑なものになってしまうと扱える人が限られてしまうという問題点が発生するのです。

パナソニック デバイスSUNX株式会社のWHはサーバー構築や専門ソフト不要で見える化を導入します。既存のシステムに簡単につながるシステムの拡張性が魅力となっているのです。

これを実現しているのが無償の設定ソフトとなっています。このような技術力のある企業を選ぶことによって、現場から離れた場所でもスマートフォンやパソコンなどで異常がすぐ分かる作業効率を高めることが出来るのです。

■セーフティスイッチについて

開放している扉のセーフティスイッチは安全な現場仕事には欠かせません。しかし、1箇所だけ扉が開いた状態でも連結するセーフティスイッチが消灯してしまう場合、どの扉が開いているのか分からないという問題点が発生します。

こうなってしまうとすべて扉を一つひとつ確認していかなければならないため作業効率が低下します。また、扉の内側に取り付けた場合には装置の外側から表示等が見えないというケースも考えられます。 パナソニック デバイスSUNX株式会社の非接触型セーフティドアスイッチSG-Pは、設備全体の扉の開閉状態がひと目で分かるという特徴を持っています。フラッシング機能によって直列接続したセーフティスイッチのうちどれか1箇所でも非検出状態になると他のセーフティスイッチが緑色点滅してオペレータに知らせます。

開放している扉がある場合には該当箇所だけ赤く点灯し他は緑色で点滅するため非常に分かりやすいのです。

■作業効率の向上をサポート

パナソニック デバイスSUNX株式会社のWHは簡単に見える化を実現出来るという特徴を持っています。専用ソフトやサーバー構築が不要なため多くの現場で導入することが出来るのです。

また、設定ソフトも無償でダウンロードすることが出来るため、スマートフォンやパソコンを使って見たい画面をすぐに見ることが出来ます。これによって作業効率が向上するのです。

また、非接触型セーフティドアスイッチのSG-Pを使えば今までわかりにくかった非検出状態もいち早く察知することが出来ますし、仮にドアが開いている状態だったとしても該当箇所だけ赤く点灯しそれ以外は緑色に点滅するため、全てのドアを確認するという作業をしなくても済みます。

こうすることで大幅に人件費をカットすることが可能になっているのです。