皆さんは株式会社キーエンスという会社はご存知でしょうか。

2021年、トヨタ、ソニーグループが、国内企業の時価総額ランキング1・2位でしたが、キーエンスは3位です。

トヨタ、ソニーと聞くと、間違いなくだれもが知る大企業ですが、キーエンスはどんな会社なのか、ぱっと想像できる方は少ないのではないでしょうか。

多分、理系の大学などを出て、就職活動した方なら一度は耳にするはずです。

キーエンスの主な商品は、センサ関係計器類・顕微鏡、パネルなどの、工業製品の部品が多いんです。

まさに、日本の「モノづくり」を支える縁の下の力持ちですね。

会社概要

株式会社キーエンス 

代表者 中田 有(取締役社長)

1974年 兵庫県尼崎市にリード電機株式会社として設立。

1985年 アメリカ現地法人 KEYENCE CORPORATION OF AMERICAを設立

1986年 株式会社キーエンスに社名変更。

1990年 ドイツ現地法人設立

2001年 中国現地法人設立

2011年 インド・ブラジル現地法人設立

2013年 インドネシア現地法人設立

2014年 ベトナム現地法人設立

2016年 フィリピン現地法人設立

参考:wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9

サービス内容

様々な業界に必須となる半導体、センサ、スコープなどの商品、部品を製造しています。

驚くべきはその範囲の広さ。

自動車から、食品、果ては医療に至るまで、様々なアイテムの開発、販売を行っています。

中でも、センサーや測定器、マイクロスコープなどの製品は、キーエンスを語る上では外せないプロダクトとなっています。

最近では、レーザ元素分析ヘッドのEA-300シリーズなどは、非常に注目度の高い新商品として、多くの企業に導入されています。

そういった製品を開発するキーエンスの取引先は、主に個人ではなく企業

そのため、TVコマーシャルなどの宣伝をする必要がなく、一般の方には認知されにくいのですね。

確かな技術力!大企業は伊達じゃない

CMOSレーザーセンサと聞くと、いったいなんのことやらですよね。

モノづくり企業というのは、作った物の精度が肝心なので、当然、その測定センサーの精度も重要なんです。

株式会社キーエンスのCMOSレーザセンサのLR-Xシリーズは、従来のレーザーセンサの中では、最も小さな超小型サイズのレーザセンサとして注目されています。

超小型の利点を生かし、ほんのわずかな隙間であっても簡単に設置することができるので、場所的なリソースが大幅に削減することが可能です。

その分生産機器用のスペースが確保できますし、ライン工場などでは、センサーなどの計測機器の類は小型であればあるほど便利なんですね。

日本産業に最も貢献していると言っても過言ではないです。

株式会社キーエンス、名前だけでも覚えておいてください。