これからの日本は働き方についてのイノベーションが必要不可欠だと言われています。

何故なら少子高齢化によって労働力が不足しているからです。

そのために全ての企業が様々な取り組みを行なっていますが、その取り組みが的外れなものになっていれば、たちまちその企業は衰退していくことでしょう。

目次

企業情報について

京都府京都市に本社を構える株式会社SCREENグラフィックソリューションズは、2014年に設立した企業です。代表取締役社長執行役員の柿田高徳氏を中心にグラフィックアーツ機器を主な事業として活動しています。その活躍は日本のみに留まらず、国内グループとグローバルグループ別れた非常に大きな組織として運営が行われているのです。

そんな株式会社SCREENグラフィックソリューションズの代表である柿田氏は、ホームページ上で「最先端技術とオープンイノベーションで、グラフィックアーツのグローバルパートナーへ」という考えを発信しています。

近年、あらゆる分野で普及が急速に進んでいるIoTはマーケティングや製造の手法において大きな変革をもたらしています。そのような変化に対応することによって世界で活躍する企業へと成長しているのです。

EQUIOSについて

株式会社SCREENグラフィックソリューションズがリリースしている「EQUIOS」は長年培った技術やノウハウに加えて最新テクノロジーを融合したものになっています。

ソリューションプラットフォームとして作業工程全体設計から台割、進捗やクオリティの管理に至る全てを制御することによって自動化と省力化を強力にサポートします。

高品質な印刷アプリケーションをスキルの無い人でも使用できる環境を整えることが出来るのです。 大きな特徴としては最新のRIPコアによって生み出される高速処理と用紙情報にリンクした実践的で容易なカラーマネージメントです。

また、株式会社SCREENグラフィックソリューションズの培った技術やノウハウを集約した面付け機能は大変使いやすいと評価されています。

そのため、プロフェッショナルのために使われる専門的なノウハウがオペレーターの技術や経験に依存しない形で使用することが可能になっています。

今までのノウハウと最新テクノロジーを融合させる

株式会社SCREENグラフィックソリューションズは世界で活躍する企業です。その秘密はIoTに着目し、今までの伝統やノウハウ、技術などを最新テクノロジーと融合することによって大きな変革を行っているからだと言われています。

その結果、世界中でグラフィックアーツ機器の開発、製造、販売ならびにそれらに付随する業務を行う企業として成功しているのです。

そんな株式会社SCREENグラフィックソリューションズの代表的なサービスとして取り上げられることが多いのが「EQUIOS」です。

こちらはソリューションプラネットフォームとして作業工程や品質などを制御し自動化と省力化をサポートしています。

特徴は最新のプロクオリティーをオペレーターの技術や経験に関わらず使用することが出来るということです。そのため、人手不足に悩む現場の疲弊を解消する糸口としても注目されています。