オプテックス株式会社について

多くの人が「日本は平和だ」と語っていますが、実際には数え切れないほどの犯罪が毎日発生しています。そのような危険な状況を支えているのはセキュリティに関する事業内容を取り扱っている企業があるからに他なりません。これからますます社会が混乱していく情勢において、サポートしてくれる企業はどのようなところなのでしょうか。

セキュリティについて

世界各地で頻発するテロ行為や国内でも凶悪化・多様化する犯罪によってセキュリティニーズが拡大しています。警備体制の強化によって生活の基盤を守ろうという風潮が高まっているのです。オプテックス株式会社は世界中の社会インフラに関わる重要施設から商業施設、一般施設に至るまであらゆるシーンに対応する機械警備用セキュリティセンサーを開発しています。これは犯罪を未然に防ぐ「事前抑止」のために利用されており、「事後通報」を主とするこれまでのものと異なります。

また、オプテックス株式会社は屋内用センサーだけでなく、過酷な環境でも安定した性能を要求される屋外用センサーにおいて世界的なクオリティとラインナップを誇っています。国境や軍事施設、エネルギープラント、空港などのセキュリティ管理が厳しく問われる市場において利用されているのです。その他、情報漏洩の防御策としてデータセンサーや公的機関などへの非認証者の検知、LANケーブルからデータ搾取を検知するセンサーも開発しています。

自動ドアについて

あらゆる施設で活用されている自動ドアの存在ですが、その安全性や快適性を高めるためには設置場所の特性と通行者の傾向に則した自動ドアセンサーが必要になります。そのため、オプテックス株式会社は自動ドアに何が求められているのかを常に考え、出入り口のインテリジェント化を進めているのです。そのため、世界で初めて赤外線式自動ドアが製品化されてから、各国の安全基準をクリアしています。

スイングドアやスライドドア、回転ドアなどのあらゆるタイプの自動ドアに用いられており、交通機関やビル、工場、公共・商業施設用の一般的なものから大型自動シャッター、病院など衛生面への配慮が必要なドアなど幅広い用途に活用されます。製品の開発だけでなく、現場に合う製品選定のコンサルティング、施工、その後のアフターメンテナンスサポートまで総合的なサービス提供も行なっているのです。

安全な毎日を陰から支える企業

オプテックス株式会社はセキュリティに関する事業展開を行なっています。社会的なインフラに関わる重要施設に関するセキュリティセンサーも開発しているため非常にクオリティが高いのです。また、センサーに関しては過酷な環境にも耐えることが出来る屋外用センサーも開発しています。他にもLANケーブルからデータ搾取を検知するセンサーも開発しています。

さらに、株式会社オプテックスは自動ドアに関するサービス提供も行なっています。自動ドアの種類も様々なものを取り揃えており、開発だけでなくコンサルティングや施工、アフターメンテナンスサポートも行なっているのです。そのため、安全で快適な自動ドアを提供することが可能になっています。