株式会社アバールデータについて

これからの時代は世の中の価値観が一斉に変化していくと言われています。そのため、間違った固定観念を持った企業の多くは淘汰されていくと予想されているのです。では、新しい時代に対応する企業にはどのようなところがあるのでしょうか。

企業情報について

株式会社アバールデータは1959年8月に設立した企業です。資本金は23億5,409万円で菊池豊氏が代表者となっています。2021年3月31日現在で従業員は186人であり、一般通信機器の製造販売や工業計測器並びに工業用制御装置、物理・科学・化学用等の電子装置、その他の各種電子応用装置の製造販売を事業内容としている企業です。本社は東京都町田市にあり、神奈川県厚木市にも事業所を構えています。

代表者である菊池豊氏はホームページ上で「お客様に価値を提供し、お客様の満足と信頼を得る」という企業理念を掲げています。それを実現するために常に一歩先行く技術をユーザーに提供出来るよう努めているのです。今、世界を取り巻く環境はIoTやAI・ビッグデータなどの技術革新によって大きな変革期を迎えている最中です。超高速の「組み込み」や「画像処理」「高速通信の3つの柱に加えて新しい価値提供を企業として提供しています。

事業内容について

高い信頼性が必要な産業用分野で蓄積した豊富なノウハウを基盤とし、高いコア技術と最新の設計技術、ソフトウェア技術でユーザーの問題を解決するトータルサポートをするのが株式会社アバールデータです。ASICやFPGAを駆使して高密度、そして高性能な設計技術、リアルタイムOSを軸とした組み込みソフトやシステムのあらゆる階層にも対応するソフトウェア開発技術、マシンビジョン系画像処理や通信・ネットワークなどで優れた根幹技術でユーザーをバックアップするのです。

具体的にはハードウェアのパフォーマンスを追求することが挙げられます。信頼性の向上や製品コストの低減、開発のスピードアップを目指し、製品設計のキーデバイスとしてFPGAを採用しています。デバイスの選択だけでなく最適な設計ツールや設計手法までコストパフォーマンスを追求していくのです。シミュレーションなどを行う回路検証は実機レベルでの評価を確実なものにしており、短期間で信頼ある製品開発を実現します。

会社の歴史が紡ぎ出す最新技術との邂逅

1959年に設立した株式会社アバールデータは「お客様に価値を提供し、お客様の満足と信頼を得る」という企業理念を掲げています。主に一般通信機器の製造販売や工業計測器並びに工業用制御装置などの製造販売を行なっているため、世の中の最先端技術をいち早く取り入れているのです。そのため、変革期を迎える世界にも対応しています。

ソフトウェア技術や設計技術をコア技術によってユーザーの問題にコミットしていく株式会社アバールデータはハードウェアのパフォーマンス追求にも全力を注いでいます。FPGAを製品設計のデバイスとして採用するためコストパフォーマンスを追求することに成功しているのです。このような成功の影には会社の持つ豊富なノウハウが隠されています。